第38回
体液・代謝管理研究会
年次学術集会

テーマ
「もっと輸液、代謝について興味を持とう!」

Information

2021年12月15日(水)
現在、公開に向け準備を行っております。
2022年1月24日(月)

ホームページを公開しました。

ご挨拶

 このたび第38回体液・代謝管理研究会年次学術集会を令和5年2月25日(土)に金沢で開催させていただきます。体液・代謝管理研究会が初めて金沢で開催されることを光栄に存じます。
 本研究会は、約37年前に麻酔科、救急医療、集中治療、腎臓内科、臨床工学士の多分野に渡って体液管理に関してみなさんとともに情報を共有し、さらなる発展を目指し設立されたと聞いております。小さい研究会であるために、いろいろなことに縛られずに、「輸液管理」、「代謝管理」「栄養管理」について一から学べる、自由に、躊躇いもなく勉強できる機会を維持していけるよう今回も熟考させていただきました。
 今回の学術集会テーマを「もっと輸液、代謝について興味を持とう」と致しました。麻酔科、救急医療、集中治療、腎臓内科に携わる先生方だけではなく、看護師、検査技師、栄養士、学生まで対象を広げ、もっともっと輸液、代謝に興味を持ち、やりがいを見い出してもらい、自分たちが目指す医療を考えていただこうと思いました。興味がなければ仕事も研究も捗らないし、苦痛にしかならないことが多いです。皆様に是非輸液、代謝、さらに栄養について興味を持っていただきたい。その思いで開催させていただきたいと思っています。また、休憩の折に金沢の和菓子等にも堪能していただければと思っております。
 是非金沢に来ていただき、学術集会へのご参加、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

第38回体液・代謝管理研究会年次学術集会
会長 谷口 巧
(金沢大学医薬保健研究域 麻酔・集中治療医学 教授)

開催概要

名称

第38回体液・代謝管理研究会年次学術集会

メインテーマ
もっと輸液、代謝について興味を持とう!
会期
2023年2月25日(土)
会場
金沢市文化ホール
(〒920-0864 石川県金沢市高岡町15番1号)
会長
谷口 巧
(金沢大学医薬保健研究域 麻酔・集中治療医学 教授)

事務局   金沢大学 麻酔・集中治療医学
運営事務局 特定非営利活動法人 北陸周術期管理支援機構
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
TEL : 076-265-2434 FAX : 076-234-4267

プログラム

現在、公開に向け準備を行っております。
プログラム
第38回体液・代謝管理研究会年次学術集会
タイムテーブル
99:99 ~ 99:99 NNNNNNNNNN
99:99 ~ 99:99 NNNNNNNNNN
99:99 ~ 99:99 NNNNNNNNNN
99:99 ~ 99:99 NNNNNNNNNN
99:99 ~ 99:99 NNNNNNNNNN

※学術集会運営の都合上、変更が生じることがございます。予めご了承ください。
Educational lecture

教育講演

〇〇〇〇〇〇〇〇病院
〇〇〇〇科 〇〇 〇〇 〇〇

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。

〇〇〇〇〇〇〇〇病院
〇〇〇〇科 〇〇 〇〇 〇〇

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。

〇〇〇〇〇〇〇〇病院
〇〇〇〇科 〇〇 〇〇 〇〇

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。

〇〇〇〇〇〇〇〇病院
〇〇〇〇科 〇〇 〇〇 〇〇

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。